Beautysince 1965

 

CSRcorporate social responsibility

Environmental Policy ISO14001

基本理念

ビユーテー株式会社(以下、当社と云う)は、設立以来
「洗車機を通じて社会に奉仕する」ことを経営理念として、
ドライバーの方々に安全で快適なカーライフを提供し続ける
ことを目指しています。

また、その一方で当社の全ての事業活動により生じる
環境への影響を真摯に受け止め、より良い地球環境づくりに
貢献するために、環境保全活動を継続的かつ計画的に
推進します。

行動指針

当社の役員及び従業員(EMS適用サイトで働く人)は、以下の行動指針に従い、基本理念の実現に努める。

1. 環境法規制等の順守
当社の環境側面に関する適用可能な法規、条例及び当社が同意するその他の要求事項を順守する。
2. 環境負荷の低減と対策
当社の全ての事業活動により生じる環境負荷を可能な限り低減させるため、CO2排出量の削減(省エネルギー・省資源)、産廃物の削減、騒音振動の防止、グリーン購入を推進する。
3. 啓発活動の推進
環境教育や啓発活動を通じて当社の役員、従業員及び関係協力会社へ本方針を周知させるとともに、各人の意識向上を図る。また、本方針はホームページ上でも公開し、必要であれば、社外への文書での公開をする。
4. 環境管理活動の継続的改善
環境マネジメントシステムより、環境目的及び環境目標を設定し、定期的に見直しを行い、環境保全活動の継続的な改善を推進する。
image
登録番号:E0596
ISO14001
ビユーテー本社事業所登録
2014年12月
ビユーテー株式会社
代表取締役社長 丸田 銀次

Ecology Wash 洗車機洗車はエコロジーです。

洗車機洗車は自宅での手洗い洗車に比べて大変エコロジーです

世界的にも水は大切で貴重な資源です。 昔の洗車機では大量の水を使って洗車をしていた時代もありましたが、技術革新によって最近の洗車機は節水機能が発達して30リットル以下の水量で洗車する事も可能になりました。自宅の手洗い洗車ではホースから水を出しっぱなしにして意外と多くの水量を使っている事もあり、それに比べて、洗車機洗車は自宅洗車の三分の一程度の水量で充分に洗車できます。

また、自宅での手洗い洗車には1時間以上もかかることもあるでしょうが、洗車機の洗車なら数分で完了します。更に洗車機は油水分離槽を備えた場所に設置しているので排水が直接下水に流れ込むのではなく、一旦、油水分離槽で洗剤成分や油分が濾過されて排出されます。

水を節約し、時間を節約し、排水の事まで考えた洗車機洗車は見えない場所でエコロジーを積極的に進めています。まさに、洗車機洗車は環境に良いエコロジー・カーウォッシュなのです。

洗車の省電力化を積極的に進めています

洗車機は電力で動きます。外からは見えませんが、多くの駆動モーターを内蔵して複雑な動作を行なっています。そして洗車機が最大に電力を必要とするのが乾燥工程で、大型ドライヤーを駆動させて強力な風によって乾燥を行なう時に多量の電力を必要とします。ビユーテーでは各モーターを順次小型化し、少ない電気容量で高出力な機能を発揮するよう、省電力化を積極的に進めてきました。特に乾燥時に多量に必要だった電力を、送風ロスを抑えたダイレクトドライブ方式の採用でドライヤーモーターを小型化でき省電力を実現しています。
また、洗車速度を早くすることは、モーターの駆動時間を短縮させることになりこれも省電力への貢献になります。
ビユーテーの洗車機が洗車速度にこだわるのはこうした理由でもあります。

PAGE TOP
↑